30代後半なのに恋人から二股をかけられた友達

高校時代からのおっとりマイペースな友達がいます。凄く良い子なのですが、マイペース過ぎて、30代後半になった今も独身なのです。本人も結婚願望はあるので昔は、私もその子に紹介を沢山したのですが、最近は子育てに追われて紹介などが出来ず大丈夫かなと思っていました。

そんな彼女が、新卒で入社した会社を1年前に退職して派遣としてある会社で働き始めました。そこで、同じ部署で働く社員の人と良い感じになり、食事に誘われたと言っていたと思ったらとんとん拍子にお付き合いする事になったと喜んでいました。

私も、友達も良い年なので凄く嬉しかったのですが、しばらくしてその子から連絡がありそのお付き合いした男性に二股をかけられているかもしれないという疑惑を不安そうに打ち明けられました。デートしている時に、何度も同じ名前で間違えて呼ばれたというのです。何と浅はかな男だろうと呆れましたが、やはりその後二股をかけられていたという報告を受けました。

若い子なら良いという訳ではないのですが、30後半の女性にその仕打ちは無いよと本当に頭に来ました。友達も大分へこんだ様で今後は、お見合いや婚活パーティーなど社会人 出会いの場に積極的に参加すると言っていました。

青汁のアレンジレシピで、加熱は厳禁なの!?

青汁のアレンジレシピで、いつも考えてしまう事があります。。
それは、加熱してもいいのかどうか?という事。。

青汁をてんぷらの衣に混ぜて揚げてみたり、パンケーキの粉に混ぜて焼いてみたりしてみたいのですが、以前、何かで、青汁は加熱すると成分が無くなってしまう的なことを、読んだ気がします。。
パンケーキなら温度もそれほど高温ではないので、まだ、ましな感じがしますが、てんぷらとなると完全にOUTって感じがします。。

高温、低温の問題ではないのかもしれませんが、なんとなく勝手にそう思ってしまいます。 そう考えると、加熱って電子レンジの加熱だったらいいのかな~とか、考えだすときりがないです。。
なので結局、いつもヨーグルトやミルクに混ぜる止まりになってしまいます。。

でも、なんだかんだ言っても、アレンジレシピを考えるより、そのまま飲むのが一番いいのでしょうね、きっと。。(苦笑) そう考えると、飲みやすい青汁を探して飲むというのが、ベストアンサーなのかもしれません。。
美味しい青汁を探すためのコツとして原材料をしっかりとチェックするというのがありますね。ケールを使っていなくて、お茶系の成分が原材料に含まれていると割と美味しい場合が多いみたいです。

貧乏ゆすりの健康効果

気付かないうちにやってしまっている癖ってありますよね。
なかでも、貧乏ゆすりは、けっこう癖になっている人が多く、たまに見かけたりします。けっこう気になったりするもので、あまり良い印象をもたれない貧乏ゆすりですが、実は健康に良いんだそうです。

貧乏ゆすりをすると、ふくらはぎを動かすことが多いです。ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれているらしく、ふくらはぎを動かすことで、ふくらはぎの筋肉が動き、血行がよくなり血液の滞りを改善してくれる効果があるそうです。血行が良くなることで、冷え性対策にもなるので、健康や美容にも役立ちます。

また、リンパの流れも良くなり、むくみも改善されるというわけです。むくみをとるために、マッサージをしたりエステをしたりするくらいですから、貧乏ゆすりでむくみが改善されたらうれしいですよね。

しかも、貧乏ゆすりを3分つづけたら、ウォーキングを20分したことと同じ効果があるそうです。貧乏ゆすりは、あまり良い印象はありませんでしたが、こんなに健康に良いとなるとやったほうが良いかもしれないですね。

自律神経失調症の人にももしかしたらいいかもよ。貧乏ゆすりは運動だってことは、日頃運動不足の人にはストレス解消にもなっているかもしれませんからね。

勿論、食事面が大事なのはいうまではありませんよね。忙しい人は、青汁やサプリメントを活用するということも最近ではポピュラーですから、健康をあきらめないで工夫して取り組んで欲しいですね。